2011/08/08

IBODI !!!

久しぶりの更新なのに、こんなタイトルで失礼~。

先週の木曜日、けりの排便後お尻を拭いていて気付いたのですが、肛門の形がおかしい。痔!? けれど、けりは排泄するのは辛そうではなくいつも通り普通に出たし、触っても(直じゃないけど・・)反応する様子がないので、様子を見ることにした。その後、けりぱぱに見てもらおうと話した時には、いつもの形に戻っていた。

それから、何回かの排便後にやはり変な形になってる。ネットで”犬 痔”で調べてみたら、もし痔だったら、手術した方がいいみたいだし、早期の処置の方が負担も軽いようなので、今朝病院にけりを連れて行き、診察してもらった。

触診では、肛門の出口付近にできているらしく、奥の方は何もないそうだった。そのできものはイボの一種らしいので、イボ痔という事になる。自然になくなる事はないようだけど、大きくなる可能性はあるらしく、あまりひどくなったら取り除いた方がいいそうだ。特に薬の類は必要ない(効かないらしい)。

あまり刺激しないように、お尻拭きも気を付けなくてはいけない。

それ以外は特に注意する事もないようだけど、お尻の手術にならないように出来れば現状維持してほしいな~~~

手術になったら、4度目のエリザベスになってしまうよ、けりちゃん。。。

写真は7月末に行った西湖遊びでのご機嫌な、けりずず!

Imgp0477

| | コメント (2)

2011/03/27

3度目のエリザベス

今日A訓練所のAG教室に参加されました皆さん。ご心配をお掛けしました。けりは大丈夫です。傷は浅く、恐らく歯が入ってしまってけりが引いてしまった為、少し裂けてしまいましたが、1cm強の傷だったので、消毒し縫合(5針くらい)してもらいました。2週間ほどで抜糸すれば完治するはずです。お騒がせしました。

そして、いきなりこんな事読んでびっくりされた皆さん。

けりに歯をあてたのは、Dekoです。今日はAG教室で始まるまでの時間、けりとPipinも連れて待っていた時に突然Dekoがけりに攻撃してしまった。もともとDekoはけりに対して対抗意識があったのですが、外では一緒にいても問題なかった。でも今日はAG教室も混んでいて、少し興奮気味だったのかもしれません。とっさに2頭を引き離したんですが、Dekoの牙がけりの耳の付け根に入ってしまったらしく、出血していました。訓練所の方に最寄りの動物病院を紹介して頂き、すぐに連れて行って診てもらいましたが、場所が皮膚の柔らかい所で、伸びやすいので傷口の治りには少し時間が掛かるだろうという事でした。縫合するのに、動いてしまってはいけないので、全身麻酔で処置を行いました。

傷口が治れば支障のある場所ではなかったし、他のワンコを巻き込まなかったのは不幸中の幸いでした。けりは獣医さんでもよく頑張って治療を受けてくれました。

以前ZUZUの歯がけりの耳をやっちゃったのとは反対側の耳でした。もう2度とこんな事起きて欲しくなかったんですけど。。。その時と3年前の乳腺腫瘍の手術の時と3度目のエリザベス生活になったけりちゃんです。けりの性格は本当に優しくて、ZUZUの時があった後も引きずる事なく仲良く暮らせていたし、けりとDekoの関係は私達も分かっていたので、日常から気を付けてはいたんですが。。Dekoはけりぱぱとのジェラシーもあるんだろうと思います。普段から相当けりを意識してる態度がよく分かるから。そんなDekoをけりが認めるワケもなく、いつもは眼中にない姿勢を通していたんです。ちょっと隙がありました。

けりはやられっぱなしで、本当に辛い。だけど、けりはこれがけりの良さでもあるので、私達が注意して過ごせるようにしなくてはいけないと思っています。けりには攻撃性のある部分は絶対に出させたくないし、けりもそれをよく理解してくれていた。

Dekoは仔犬の頃から、警戒心の強さを感じていたので出来る限りの社会馴致をさせてきたし、あまり追い詰めないでのびのび育てたいと思って接してきたけれど、独占欲が強く、気の小ささから防衛本能が必要以上に出てしまったと思います。自分より弱い立場のコにはとても優しく接する事ができるけど、恐怖心を感じる相手にはかなりきついです。だからけりちゃんオーラはいつも感じ取ってしまっていたように思えます。

けりは認めた群れには優しいけれど、認めない相手には容赦のない部分があるだろうと思う。どっちがどっちというのも難しいのだけど。。。

同じ家族のなかでそういう関係になってしまうのは、私達としては本当に不本意ではありますが、私達が選んだコたちなので、最後まで責任をもって対処しなければいけない。それぞれのコたちがストレスにならないように気を配っていくしかないです。

Imgp0004a

Imgp0011a

Imgp9995a

すっかり3年前のエリザベス生活を忘れてしまったようで、エリザベスカラーに戸惑っていたけりでしたが、やっと落ち着いて眠ってくれた。写真だと大ごとに見えますが、傷の心配は本当に少しです。けりにとっては獣医さんでの治療とこのエリザベスの方が大きい負担だったみたい。

前日の土曜日はCHOPとご機嫌だったんだけどな~。 Imgp9974

Imgp9962

| | コメント (10)

2011/03/07

CHOPの様子

ただいま14歳半のちょっぷ。まだ元気ではあるけれど、あちこちに衰えがでてきて、手も掛かり始め、私の両親と留守番させるのも無理が出てきた。側にいて管理出来れば、まだ介護するっていう段階ではないけど、やはり長時間は厳しい。先週末は獣医さんに預ける事にして、血液検査とヘルスチェックをお願いした。

血液検査では、昨年4月の数値と比べて良くも悪くもなく、この年齢で約一年状態が悪化していないなら優秀だと思える。しかし、心臓に雑音が。。。それは、心臓の弁が開いているという事だそうで、この先色んな障害が起こりうるって。心臓は血液を送る働きがあるので、血液がまわり難くなってくると腎臓や肝臓にも負担が掛かったり、肺への負担も大きいらしい。今から早めに薬を使う事を勧められた。

で、この先考えられる症状に咳というのがあって、実はその症状はすでに最近始まっていた。そんな段階だと初期とは言えないらしく、心臓の薬と気道を広げる薬が処方された。

咳は夜中から朝方にかけて出るそうで、CHOPはまさしくそれ。。。酷くなると日中も咳が出てくるようになるらしい。何かが詰まったような苦しそうな咳なので、薬で少しでも楽になってくれるといいのだけど。しかしこの投薬が大変なのだ。CHOPは12歳頃から腎臓の薬を使っているのだけど、その薬(コバルジン、活性炭)は老廃物や毒素を腸で吸収して便と共に排泄する働きのある薬です。難点は他の薬を一緒に摂取すると、その薬の効果もなくなってしまう事。フィラリアの薬も2時間空けてから飲ませていたのですが、これからはそれが朝晩になるから、平日はいいけど週末出掛ける時が困るんだな~。工夫してなんとかしないといけない。

CHOPは、フツーの家庭犬としたら一風変わっていて、狩猟本能は衰える事はなく、外に出ると血が騒いでしょうがない。どうしてそんなに嬉しいのかと理解を超えるほど。だから今も年齢より断然若い状態でいられる要素だと思うけど、そろそろ加減して欲しいな~とも思う。無理な話なんだけど。。。人に対しては花丸がつくほど、愛想のいいワンコなんですよ!

2月の秋ヶ瀬に久しぶりに連れて行った時に、元気過ぎて心配するほど。CHOPを知らない(アジをリタイヤして早7年だからね、今はほとんどの人かも・・)お友達からは新しいワンコ?と聞かれたり、説明すると14歳と聞いて驚いてくれるほど。それは嬉しい事なんだけどね~。休むことなくウキウキしっぱなしなので、後が怖いな~と思うのだけど、帰宅してもいつもと変わらずにしている。若さの源なんだろうけど、やはり今後症状が出てき始めているから、あまり連れ回すのも考えてしまう。車酔いが克服出来たから、日帰りの大会には連れていく事も多少は増えていくと思うけど、無理させない程度に決めていくつもり。

なので益々、遠征は縁遠くなるな~。あと半年で15歳になるCHOPが苦しまず、ストレスを感じさせないよう、CHOPとの時間も大切にしたいと思う。大会でCHOPを見かけたら、どうぞ可愛がってやってくださいね!

| | コメント (5)

2010/12/14

一夜明けて。。

昨日は4ワンに早めの夕食を済ませ、行ってきました、ZUZUのお迎え。

ZUZUを連れてくる前に先生から手術内容を丁寧に説明して頂いた。上側左奥から2番目の大きい歯だったのですが、歯槽骨から上顎骨までが腐骨化していた。要するに歯の傷ついた穴から雑菌が入り込み、目の下ギリギリまで骨が腐っていたのだそうです。悪くなった骨を削り、中の膿も洗浄するため、目の下をメスで切り込み洗い流したそうです。歯自体は丈夫だったのですが、根元の状態が酷かったので、やはり抜歯しかなかったかも。一番最悪の状態になってしまいました。しかし、上の歯の炎症は脳にも近いので、もっとほっておいたら命にかかわる場合もあるそうなので、大事に至らなくて良かったです。抜いた歯の傷は縫合されているので、暫くは硬いものは食べせないで、柔らかい食事にしてください、と言われました。

ZUZUは麻酔からの覚醒も順調だったらしく、凄く元気ですよ、と言われました。そうそう、私と先生の会話中、私の声に気付き、奥の部屋からZUZUの文句の鳴き声がよ~く聞こえてました。言葉にするなら、『何で僕を置いて行ったんだ!早くここから出しやがれ!』ってな感じか・・・

ZUZUは連れてこられると、不満と嬉しさが入り混じった変な興奮状態で診察室でいつも立てのりで大騒ぎ。。。まぁ内心安心はしましたけど、顔の傷がまだ生々しくて、平常を装うのに苦労しました。

家に帰っても落ち着かず『母ちゃん腹減ってんねんけど、忘れてない?』と催促の視線で私をガン見eye

もう知らんぷりするのも疲れる。。今日は我慢してくれ、と心の中で伝える。

そしてくっ付きたくて仕方ないようで、じっとしていない。。困ったおっさん状態。

日曜日の夜はきっと腫れるのに、もの凄く痛かったのだろうと思ったら、頑張ったね~と抱きしめてあげたかったのですが、コイツはそれをすると増長してしまうため、クールに装うしかないので、声をかけず優しく身体中を触った。

いつまでも幼いZUZUだけど、昨日の私はZUZUが心配で家事も今一つはかどらない状態でした。傷口が落ち着くまではハラハラするかもしれないけど、とりあえずは一安心です。

それから、麻酔を掛けるため血液検査も行われたのですが、今年の4月に肝臓の数値が少し高めで心配していたのが、ほぼ正常の数値になっていました。全体的にとても良い内容だった。この辺りから、O動物病院で処方されたサプリや漢方薬を使っているので、身体の免疫力も上がっているように思いました。7歳だから下り坂ではあるけれど、ゆっくりのスピードで歳を重ねていけたらいい。

しかし。。甘えたいコが他にも居てね。。毎日謝ってばかりの未熟な母だな~。

| | コメント (12)

2010/12/13

ついに、抜歯(>_<)

今朝、ZUZUの顔が腫れていた。鼻の付け根から左目にかけてパンパンになってるcoldsweats02

週末はいつもの練習だったし、怪我した覚えはない。。。心当たりなのは歯だ。

怖くてあまり触る事も出来ず、みんなの朝食の準備も後回しにしてオヤツを各ケージに放り込み、急いで獣医さんまでZUZUと走った。

診察中、ZUZUは口の中の触診に悲鳴をあげ、とても痛がっていた。今年の2月に歯髄が出てしまったのが原因で、化膿してしまったらしい。昨日の夜は気付かなかったけど。。think

先生は、いくつかの治療を提案されたけど、どれもまた腫れる可能性があり、一番いいのは抜歯だという事だった。全身麻酔で、悪いところを全て取り除くらしい。

突然だったので、少し躊躇したけれど、早く処置した方がいいので、そのままZUZUを残し歯の手術をお願いして帰ってきた。

今年最後のフィラリアの薬も、もらおうと思っていたのに、すっかり忘れた。

夕方、ZUZUを迎えに行く事になったので、その時でいっか。また忘れてしまいそうなので、せっかくの全身麻酔だからZUZUの全部の歯の歯石取りと、フィラリアのお薬を再度電話で伝えた。あいにく、今日は雨。夕方も止みそうもないので、ちょうど休みだった父に車をお願いした。

あ~あ、今日は大量発注したお肉が届いたら、ZUZU・Deko・Pipinとシャンプーするつもりだった。デコピンずだけになったわ。

先週の土曜日は自主練前にO動物病院の予約で、ZUZUを診てもらい、皮膚の状態はとても良くなっていて上機嫌だったのに~・・。ZUZUの皮膚治療も5月からで半年。一時期は週に4回以上シャンプーしたりと大変だったけど、ここ数週間とても調子が良く、喜んでいた。シャンプーも週一でも平気な感じで、安心していたんだけどな~。しかし、O先生は一冬過ごさなければ、まだ安心できないと仰っていたけど。

とにかく今日は4ワンたちは早めに夜ごはんを済ませて、ZUZUくんのお迎えだ。ZUZUは今日一日絶食になってしまったから・・。

そのためにも早くシャンプーも済ませなければ~。今日も忙しい。。。

| | コメント (2)

2010/11/11

さぼり過ぎ?

ひゃ~っsweat01sweat01 今までどのタイミングでブログ更新してたのか、分からなくなるほど久しぶりの更新になりましたcatface

毎日慌ただしく過ぎてしまい、今週はずっとお天気が良いので冬仕様の作業(衣類や寝具類の入れ替え)に追われ、ワンコの世話に追われ、家事に追われ。。。

JKCやOPDESの大会もあったのだけど、未だアジレポ手付かず、、、

のぞきに来て下さった皆様、すいませ~~~んcoldsweats01

で、今日はけりを病院に連れてきました。昨夜お腹をなでていた時に2年前手術した乳腺腫瘍の近くに気になるシコリを見つけたので。

午前中の診察にぎりぎり間に合い、診てもらう。胸の辺りにも脂肪腫のような塊が。。

恐がるけりちゃんをなだめなだめ、先生によく診てもらった。乳腺の場所のものは、先生が触診する限り心配なものではないでしょう、という事だった。しかし、大きくなる可能性もあるので経過観察。胸のところのは、CHOPもあるのだけど皮膚の表面と繋がっていないので、これは心配ないと思った。お友達のWANは、繋がっていたので、手術をする事になったと最近聞いていたので、一応診てもらった。この場所は加齢で出来やすい場所なのかな?

けりの乳腺腫瘍は病理検査で良性だったけど、目に見えない腫瘍の一部が残っていて悪性に変わる可能性も考えられる。先生はそんなに深刻には感じてないようだったけど、脂肪腫とは違うものみたいだし、これからも注意して観察していこう。だってけりちゃん、あと10年、生きてもらわなくっちゃっsmile

とりあえず、我が家全員元気です~happy01

以上、今日の出来事でした!

| | コメント (0)

2010/10/12

あじアジ病院

タイトル通り、アジ練・アジ大会・獣医さんの3連休でしたっ

競技会はJKCのクラブ主催で、平塚。連休の中日だったからか渋滞にも合わず(寝てたくせに!)行ってきました~。しかしお天気は最悪。前日から大雨でグランドはぬかるみドロドロ、お昼前くらいから曇ってきたな~と思っていたら、晴れてきて今度は30度近い猛暑!地面の水分が一気に蒸発し始め、もの凄い湿気!!急いで日除けシートをタープにかぶせたけど、それでも暑い~~。だって、ほとんどの人が雨対策の服装してたと思うんだけど、予想外の暑さにみんなヘロヘロです~。まーお天気の話はこのくらいにして、、、。

なんとなく数えてみたら、4月のOPDESで公式デビューしたDeko。今回の大会でちょうど半年、10回目の大会になりました~。深くは考えてなかったけど、これって多いのかな?こんなものかしら???で、今回はクリーンではないけれど2走ともGOAL出来ました!JP1は拒絶2、AG1はスラ失敗1(と思っていたら、Aフレーム下りで手が上がっていた・・しかしけりぱぱは断固として踏んだのを確認した!と言ってまふ!)1度は1リンク専用で進行だったのだけど、3リンク中で一番泥んこが酷く、滑る犬・人が多かった。Dekoもかなり滑っていたようだった。DWの中盤でけたたましい音を立てて滑り落ちそうになった。誰もが落ちる~と思ったところ、なんとDekoは前足と腹筋でバランスをとって修正し、持ちこたえた!びっくり!!!コンタクトも踏んで失敗を取られずにすんだのに。。。またしてもスラの途中で滑り抜けてしまった~。でも、今回のAGはクリーンではないけれど、今までのCRより価値のある内容だった!!と思う。いつになるか分からないけど、気持ち良くクリーンするためのいい経過段階に来てるな~と感じた。JPはかなりオーバーランが目立ち、大回りして拒絶になってしまったけど、見えたトンネルに入らなかったもの~♪成長してるぜDEKO!!

そして私とZUZU。AG3からだったのだけど。。。またもや失態!検分はきちんとしましたさっ。コースはDWの下に並んだ4つの入り口を間違わなければ、GOALまでたどり着けると思ったさっ。そのトンネル入り口だって、変な事せずに素直に誘導すれば怖くない配置だったはず。それなのに、それなのに私ったら~bearing ZUZUがDWの下りを大跳びし、Aフレームの下りを大跳びした時点で、気持ちの動揺が抑えられず脳が作動停止してしまった!!コース通りにトンネルに入ったにも関わらず、失格と思ったのさっ で、ジャッジのN先生がどうして手を上げないんだろうと、マジマジと確認してる私。N先生は正しいと教える事も出来ず(当然ですね)、ありったけのジェスチャーで私に次行け~と伝えようとして下さっていた(後から気付く、馬鹿な私)。合ってるんだと気付き、続けようとして次のトンネルへ誘導しようとしたら身体が押しすぎトラップのトンネルへ~。ゲームオーバーthink 溜息も出ません。

JP3はまずまず検分通り進んでいった。なのに、ゴールのハードルを拒絶させてしまった。これも後からビデオ確認したら、手前のラインでシュートから出てきたZUZUがインに入り過ぎ、次のタイヤを変な角度でクリア、そのままゴールを跳ばず私を追って横を通過していたのだった。一声あそこでコマンド入れれば、ZUZUはハードルを認識できたんだけど・・・。精神力の甘さ、コースの読みの甘さが悲しい結果を招いてしまったです。私ってこんなもんですけどcoldsweats01 ZUZUは今日も俺頑張った~と思ってくれてるだろうsmile

競技はいいペースで進行し、6時過ぎには帰宅。しかし今日は全員シャンプー大会(CHOPはなし)。翌日獣医さんでCHOP・けり・ZUZUは混合ワクチン接種と、Dekopinずはマイクロチップ挿入をする事になっていたから。混合ワクチンは再来週宿泊するのに必要なので、はずせない。 3時間弱でシャンプーが終了し、晩ご飯。ああクタビレタsleepy

翌日はのんびりした・・・・かったのだけど、山盛りの洗濯物で日中追われたsweat01 外の洗濯機4回と中の洗濯機前夜入れて3回フル稼働~けりぱぱは、車掃除をしてあっという間に夕方。

散歩後に獣医さんへ。ワクチン組を済ませ、次はマイクロチップ組。けりとZUZUは入れているのだけど、もう4年も前で細かい事は忘れてしまった~。Dekoは未だに獣医さんは敵地と思っているので(冷や汗)、Pちゃんから診察台へ。Pちゃんは6月に手術し入院したので、覚えていて愛想を振りまいてる。だけど、診察台でしっかり抑えられると不安な表情に。。。オヤツ作戦でなんとか抵抗せず済むかと思ったら、マイクロチップの針が相当痛かったらしく、思いっきり暴れましたimpact しかし落ち着けば、その後は大丈夫だったみたいconfident

さあ次はDeko。彼女はあたちに触るんじゃない!っていう姿勢を崩さず、終始目が飛び出しそうなほど見開き、警戒態勢バリバリです。初めて獣医さんに行った時の表情のままだ。マイクロチップ挿入の針が入ったらどんなにか暴れるだろうと思っていたのだけど、Dekoは弱みを見せなかった。痛いはずなのに、声も出さず、ジッと耐えていた。一瞬の事だけど、Dekoはここで負けてはダメとでも思ったのかな~?でも、その前にチッコ出てるんですけど、Dekoちゃんheart ホントは恐くてしょうがないのに、頑張ったんだね~(笑) だけどDekoちゃん、もう少し獣医さん好きになろうよ~catface 

Dekopinずの反応は対照的で本当に面白いheartheart

マイクロチップも心配な反応はなく、無事に終わりました~! あとは一週間後にもう一度スキャナーチェックをするそうです。またDekoは戦闘態勢だろうな~think

アジレポ、近日中にアップします~~paper

| | コメント (0)

2010/09/08

さて、、、翌週末

Imgp7315

福岡合宿から1週間。。。いつも通り週末土曜日は自主練、日曜日はAG教室とオビレッスンをしてきました。

Dekoの事を心配して下さった方々からお電話を頂戴しまして、つくづく感謝です。

Dekoは小さな頃から通っていたAドッグスクールは安心できる場所のまま、元気に走り回ってくれましたgood正直行ってみないと、どうなるか不安もありましたが。。

heart01本当に、本当に、本当に、安心しましたheart01

ここのところ思いっきり走れてなかったのを発散するかのように、パワフル全開dash 嬉しい限りです。

Dekoとけりぱぱは、地味~な練習をコツコツと重ねて順調にここまで来ていましたから、今回の事はかなりのショックでした。けりぱぱは、怪我だったら時間が経てば治るけど、心の傷はな~~~・・sweat02とつぶやいていました。

まだ壁を乗り切った訳ではないけれど、この調子なら今月末にある競技会も大丈夫でしょう~scissors良かったよぉ~weep

Pipinも好調ですheart04Imgp7318 この意欲をつぶさないように、私も頑張らなくっては!って、私は相変わらず体力不足でぜ~ぜ~しながらも、無理せずマイペースでいきますけどねっbleah

今回もそうでしたが、初めてPipinが音に反応しておかしくなってしまった時、Dekoにはとても助けられました。Dekoがいつもと同じ態度で遊びに誘ったり、変わらない反応を間近で見せられ、私たちだけでは対応しきれなかった事を普通にしてくれた。Dekoがおかしくなった時も同じで、PipinはDekoに遊ぼう!をして、元気づけてくれたんです。このコたちはお互いに補い合ってるな~と本当に感じました。これからもいい刺激で成長してほしいです。

週末写真はビデオ撮影のため、あまりありません。。

っので、Dekoのクラスメートでブリアードのポノちゃんの水浴びを~!

Imgp7320

Imgp7326 ポノちゃんは、見る度にアジが上手になっていきます。大きな身体で障害をクリアして本当にん楽しそうにパパさんとアジされてます。濡れちゃってるから足が細いけど、走ってる姿はとても優雅~notes

さて、土曜日は練習後に、ZUZUのO動物病院。Pipinは調子が良いので、今回からしばらくお休みにしました。私は毎日ZUZUと接しているので、湿疹が出来ると症状が良くなってるか疑問だったのですが、獣医さんは湿疹の数よりZUZUの皮膚全体の状態を診ておられるようで、ハリが出てきていいですよ、随分良くなってる、と仰います。皮膚の働きを快復させるサプリや漢方などで、内面から機能回復させてくれています。これからは季節の変わり目で皮膚の働きも活発になり、まだまだ湿疹は出来るだろうという事なので、シャンプー療法も並行していかないといけないのがちょっと大変ですが、良くなってくれれば、ねっwink 毎回洗う度に、良くなれ~と念じながらシャンプーしてますから~(笑)

| | コメント (4)

2010/07/18

3連休 at 自宅

梅雨明けしたし、お友達のブログや写真は水遊びの記事ばっかり~~!

いいな、いいな。でもまだ我が家は行ける状態にない。。。catface

昨日はけり・ZUZU・Deko、今日はけり・Dekoが週末練習にお供。留守番組のCHOP・Pipinプラス今日はZUZU。私は暑い中出掛けず、ウチで涼しくのんびり~を期待していた。。。金曜日やっとエアコンの取り付け工事日(故障したので買い替えた)だったのに、なんと付けられなかった!!!室外機が思ったりより大きく、デッキをあとから前の室外機に合わせてカバーを作っていた為、入らなかったのだ!工事の人がいろいろ骨を折って下さったのにもかかわらず、現物はどうしたって無理なサイズwobbly

凄いショック~!仕方ないので、連休中にデッキの一部を取り壊し(けりぱぱが)週明けに再度取り付けに来てもらう事になった。ああ、新しいエアコンで優雅な連休は・・・impact

私は、いつもはしないような場所の大掃除と、梅雨に溜まった大物の洗濯三昧!ワンコが少ないと作業がはかどる~confident 大汗かきながら~sweat01

そして今週はZUZUのシャンプーを4回も頑張ってしまった!努力の甲斐あってちょっといい状態goodしかし、こんな事一生続けるのはカンベンだな~。なんとか改善してもらわないと。水曜日からはZUZUにササミもあげてみた。アレルギー検査でタブーになってから一回も食べていない鶏肉。今の所とくに何の変化もないようだ。良くも悪くも。。。アレルギー検査の信頼性って、ホントの所どうなんだろうね~coldsweats01 とにかく、頑なにならず各ワンコたちにとって良いもの、合うものを試していってみようと思う。

Pipinは昨夜傷口の上の方が、少しだけど腫れているようなので、今朝獣医さんに診てもらった。お腹の中で縫われている糸が溶けるタイプの糸なのだが、その先を玉結びのように何度も結んでいる場所らしく、そこが異物反応のように腫れが起こっている、と先生の説明があった。糸が溶けて、自然に腫れが引けば問題はないらしい。それから、表面の傷口は赤黒くカサブタになってきているので、もうエリザベスカラーを外してもいいでしょう、と。しかし、私はあと少しだけ付けておこうと思う。だって、まだ腫れが気になるし、Pちゃんは舐めるのが好きなので、絶対気にすると思う。今また悪化するのは是非とも避けたい。過保護なんですけどね~coldsweats01

術後10日から、DekoとPipinの接触を解禁した。まだ全くのフリーには出来ませんが、目の届く範囲で少しずつ~。Pちゃん、エリザベスが身体の一部になってる!お散歩でもDekoと同じくらい元気に歩けるようになり、今後の回復はカウントダウンになった!・・と思う~smile

Imgp6374

Imgp6404

Imgp6412

Imgp6415

| | コメント (2)

2010/07/06

Pちゃんの手術

今日の夕方4ワンの散歩を済ませてから、Pちゃんのお迎えに行ってきました。

どきどき。。。しかしその前に先生からお話が。。。

手術自体に問題はなく、無事に済んだのですが、摘出した子宮を手にしながら『手術されて良かったですね、子宮に水が溜まっていました。』

えっ???子宮に異常があったの?

まだ早期だったようですが、子宮水腫というものらしい。

これを放っておくとお腹が腫れたり、膿になると子宮蓄膿症になる可能性もある。

何と言葉を返せばいいのか、動揺してしまったけれど、とりあえず摘出した事で今後心配な病気は防ぐ事が出来たようです。

何ともいいきれないけれど、もしかしたらヒート中のあの悪影響は子宮水腫にもいくらかの関係があったのかな?とにかく、怖い病気になる前に未然に防ぐ事が出来て本当に良かったとしか今は言えません。

Pちゃんが奥から出てきた時、涙が出そうだったけれど、思いの外元気な様子のPちゃんを見て、本当に安心しました。

心配して下さった皆さん、ありがとうございました。

あとは無理なく順調に快復する手助けをするだけ。。。

傷口もとてもキレイなのですが、とりあえず元気なPちゃんの表情です。

Imgp6115

Imgp6120

Imgp6117

| | コメント (6)