« 9ヶ月突入~ | トップページ | 留守番組 »

2009/07/02

セキュリティドッグ

ココログのメンテナンス不具合が続きログイン出来ずにいましたが、やっと復旧したようで更新出来ました。

月曜日、TVの修理が完了しキレイな画面に戻りました~scissors パネル画面を総取替えだったので、以前よりもクリアで影もなく、新品のようです。買い替えにならずに済みましたconfidentほっ

その修理中のこと。初めに来た時より、修理に時間が掛かるので一時間くらいでした。前回と同じくワンコたちは各ケージでオヤツをあげ、待機してもらった。狭い部屋なので、ワンコたちの目の前で修理が行われた。。。

Dは前回同様、一切オヤツを口にせず、唸りながらずっと監視してる。たまにワンワンと吠える。警戒度120パーセントbombshockimpact

けりは、オヤツを食べながらも修理の人が動いた瞬間警戒指数アップ、ウォンウォンウォーンッ!!と吠えるが私の制止で止む。けれどまた彼が動くと警戒吠えの繰り返し。警戒度80パーセントannoyangry

ZUZUは、オヤツは食べるが自分のところに来るなよ~というオーラで、たまに威かすような唸り声。吠えはしなかった。警戒度60パーセントdangerpout

CHOPは、マイペースなタイプだけれど、特別不審な相手でない限り警戒吠えはしない。不審な音に対しては吠えていたが、今は耳も遠くなりZUZUの声につられて吠える程度。この時もオヤツを食べたらマッタリしていた。警戒度30パーセントflairconfident

Pは、最初だけ注目していたようだが、ほとんど反応しなかった。さっさとオヤツを食べたら、寝てしまった~ああ、なんて大らかなんだろう。鈍いのか???警戒度15パーセントgawksleepy

けりも若い頃は、同じような場面でDのようにオヤツどころじゃないという反応だったが、経験から様子を伺う余裕が出たのだと思う。Dは終始気を緩めない緊張状態だった。社会化馴致により、表面上は穏やかになったものの本質はやはり警戒アンテナびんびんなようだ。これを機に再び、外の物音に対しての反応も高くなってきたようで、9ヶ月という月齢的にも注意が必要な時期なので、また馴致強化を心がけなければと思った。けりも長い年月で落ち着く事が出来ているので、少しでもストレスにならないようにしていけるといいな、と思う。

対照的なのがPちゃん。まだ自己表現に戸惑いがあるのかもしれないが、Pちゃんの警戒心は知らないものに恐がりなだけで、根は深くないように思える。例えば掃除機の反応も結構余裕がある。Dは敵対視した反応で襲ってくるような激しい態度も見せるのに、Pは掃除機が近づいても落ち着いた様子で眺めてるだけ。フリーズしてるふうでもない。このまま、動じない大らかさを維持してもらえるといいな。

ウチはセキュリティドッグとしての働きはワンコに求めていません。ウチにいる時間は外の物音にも動じず、キビキビした精神状態でいるより、のんびりと安心して過ごして欲しいと思っている。不審者に立ち向かうなんてとんでもない!私が守ります~というスタンス。

けれど、警戒心のあまりないワンコには魅力を感じません。程よい警戒心も持ちつつ、リラックスもできるワンコ。。。警戒心にもいろいろありますからね~~DとPをタシテ割ったくらいが丁度いいのかな~(笑)

 Cimg0069

 Cimg0070 シンクロけりずず~

|

« 9ヶ月突入~ | トップページ | 留守番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9ヶ月突入~ | トップページ | 留守番組 »