« TO ZUZU・・・and BINTA | トップページ | ココロのお世話 »

2008/03/04

悲しすぎて。。

けりずずの調子がまだ順調とは言えなかったので、掛かりつけの獣医さんで血液検査をお願いしようと思いました。

検査の結果は、少し高めの数値の項目はありましたが、特にすぐ治療しなければいけない程ではなく、経過をみていきましょう、という事でした。

ただ、、、、

けりの検査の時、触診で乳腺腫瘍が見つかりました。

まだホントに小さい状態ですが、腫瘍だとはっきりと言われました。

悪性か良性かは、病理検査に出さないとわかりません。

私は、突然の先生の話に動揺した。

冷静に話をしなければと思い、聞かなければいけない事をいろいろ考えた。

けりの体調が戻ってからの手術で大丈夫なのか、麻酔掛けての手術だから卵巣と子宮も全部摘出した方が良いか・・・

主人と相談してから、また連絡します。そう言って病院を出ました。

何で、何で、こんなに悲しい事が続くんだろう。

けりぱぱにメールで知らせ、その日の夜、話し合いました。手術はやはりした方が良い、再発の可能性も考え、卵巣と子宮の全摘も。

けりに子供を産ませたかったのと、手術によるけりのダメージを考え決心のつかなかった避妊手術。

体調を崩してから、もう交配はあきらめていたけれど、人間だって病気になるかもしれないからと避妊手術をする話はないのだから、病気にならない方にかけるしかない、と考えるしかなかった。

50パーセントの確率。乳腺腫瘍は、犬の場合 かかる率・悪性の率・再発(転移)の率が50・50・50なのだそうです。

病理検査で良性とわかっても、悪性に変わる可能性もある、とも言われました。

いやだ、いやだ、悲しい事はもういやだ。

BINTAに家族を守ってねって、お願いしたのに・・・私がそう言うと、けりぱぱは、まだ小さい状態で発見出来たんだから悪く考えるのはよそう。と言った。。。私よりもきっとショックは大きいはず。。。

今朝、獣医さんに連絡し手術の日程を決めました。

10日の月曜日。

悪く考えないようにしても、色んな事を考えてしまう。

どうか、どうか、無事に手術が終りますように。

これ以上悪いことが重なりませんように。

守ってね、BINTA。お願いして祈ることしか出来ません。。。

|

« TO ZUZU・・・and BINTA | トップページ | ココロのお世話 »

コメント

ZUZUままさま
こんばんわ
つらいところですが、ここはひとつ、ぜひいいように考えてくださいませ。
けりぱぱのおっしゃるとおり、びんたくんが早期発見に導いてくれた気がします。
Angeも交配相手探しが大変だし、病気を考えたら手術を最初のヒートの前にと考えましたが、ブリーダーさんに必死に説得されました。
人間だって病気になるかもしれないからと避妊手術をするか!?
病気になってから手術すべきだ。
今までたくさんの犬を見てきたが、手術したほうが寿命は絶対に短い。
絶対!
早死にしてもいいの?
身体切り刻んでいいの?
って!

けりちゃんは腫瘍が出来ちゃったけど、それはパパとままの避妊手術の判断がどうこうという問題ではないし。
ZUZUままの好きなムスカリの花も咲きました。
春はもうすぐ!
元気をだしてくださいな。

投稿: Teruko | 2008/03/04 19:46

ZUZUまま~
けりちゃんのことが心配です。
早期発見だったようなので,ちゃんと治療してあげた方がいいと思いますよ。
うちのさくら(11歳)が7年前に子宮蓄膿で全摘出の手術した時,自分の体を切られてるような思いで苦しかったのを覚えています。でも,その後は大きな病気をすることなく元気で老後を過ごしてます。
手術が無事に終わり,けりちゃんが早く回復するよう鹿児島から祈っています。きっとBINTAちゃんが守ってくれると思います。

投稿: かりんパパ・ママ | 2008/03/04 22:49

★ Terukoさん

ありがとう、本当にありがとうございます。

物事を都合よく捉えるのは得意なハズだったんですが・・・
ここまでくると、どうにもこうにも。。

けりの手術予定日まで、あと6日。
掛かりつけの獣医さんは、CHOPの避妊手術をお願いした先生で、けりの耳を縫合してくれた時も、とても上手でした。CHOPのお腹もキレイです。
先生の腕は信用しています。

避妊手術に関しての考えは、それぞれですよね。
ワンコたちの一生を大切に思えばこそ、
いろんな考え方があるのだと思います。
しかし、ブリーダーさんのお話、スゴイですね。

けりの負担が最小限で済むように、出来る限りの事をしてあげたいです。

投稿: ZUZUまま | 2008/03/04 22:51

★ かりんちゃんパパ・ママさん

涙が乾く時間がないよ~~~
心配して下さり、ありがとうございます。

さくらちゃんはCHOPと同じ歳だったんですね。
CHOPも早めに手術しました。
若いうちの手術の方が、傷口の治りも早いし
心配事も減りますね。
だけど、痛々しい傷口がどうしても忘れられず、けりの時にはどうしようか、答えが出なかったんです。

けりの手術、上手くいくようにお祈りしててね。

かりんちゃんパパ~お誕生日おめでとうございます!

投稿: ZUZUまま | 2008/03/04 23:24

辛いことが続いて大変ですが、早期発見だったんですから、きっと大丈夫!飼い主さんの不安な気持ちは犬にも伝わりますから、けりちゃんを信じて、元気出して下さいね。

我が家の先代ワンコ(柴犬)も、かなり年を取ってから、お尻にできた腫瘍の手術をしましたが、もうすぐ20歳というところまで長生きしましたよ。

手術までに、いっぱい体力つけてあげてくださいね。手術がうまくいき、けりちゃんが早く元気になるようお祈りしてます。

投稿: らひ | 2008/03/05 02:47

ずずまま、大変だったね。。。
1人で病院行って、大変だったね。
あとは手術を待つだけだけど、人間もワンも一緒で早期発見はいいことだよ。。。
手術心配だけど、ビンタが見守ってくれているから、大丈夫だからね!!
ママもパパも体調崩さないようにね。
けりちゃん、がんばれ~。
先生もがんばれ~、CHOPのときで傷がきれいならそれから年数も経ってるし、もっと上手くなってるよ、大丈夫だね。。。

投稿: Apple | 2008/03/05 07:06

★ らひさん

生きていれば、楽しい事も辛い事も
あるんですよね・・
4頭いれば、それも4倍。

悪い事が重なって、悲しい感情に対する
変な錯覚が起きた・・上手く表現できませんが。。
元気にアジ出来てたのが、遠い昔だったような・・

このままじゃいけないの、分かってはるのですが。。もう少し時間掛けて、私達が精神的に強くなり、守っていきたいと思います。今、支えてくれているのもワンコたちなんですよね。

きっと、元気になりますよ!
ご心配ばかりかけて、ごめんなさい。


★ Appleさん

けりの病気が見つかったのは、もの凄いショックでした。
ケガはあっても、大きな病気したことなかったからね~

これからの事、考えるようにするね。
早く治して、また邪無やパンちゃんと遊びたい!

心配なのは、病院苦手なけりだからパニックにならないようにしてあげられるといいんだけど。。
今、けりぱぱとアイデア出しあって対策を考えてます。

励ましてくれて、ありがとう。

投稿: ZUZUまま | 2008/03/05 11:33

けりちゃんにはパパもママもびんたもついているんだから、きっと大丈夫!
びんた君はお空の上に行って間もないから
まだ要領が掴めなかったのかな~
でも、手術の時までにはきっと大丈夫。
けりちゃんのこと、守ってくれますよ!!
ラブはおっとり型だけどやる時はやってくれるから!
パパもママも大変だけど頑張って。
また、競技会でお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: くーるまま | 2008/03/05 16:00

★ くーるままさん

どうも、ありがとう~。

重なりすぎだよね。。

びんたも、お空での手続きが忙しいのかしらね。
そろそろ声が届く頃だと思います。
毎日お願いしてるから~

競技会、いつになるか分からないけど
焦らず復帰したいです。
くーるままとくーる君は、頑張ってね~
嬉しい知らせが届くことを待ってます!

投稿: ZUZUまま | 2008/03/05 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TO ZUZU・・・and BINTA | トップページ | ココロのお世話 »