« びっくん、永眠。 | トップページ | 2008IFCS日本代表選考会・速報 »

2008/02/28

はじまりは、びんた

明日、BINTAと最後のお別れをして、火葬し、小さくなったBINTAを連れて帰ることにしました。

けりぱぱ、両親(私の)と、CHOP,KELLY,ZUZU,と家族全員で最期を見送れる。。

BINTAが亡くなった翌日、両親がBINTAの好きだった果物をたくさん買ってきてくれました。BINTAにあげてくれと。

BINTA、良かったね。本当に可愛がってもらえてたんだね。。

10ヶ月あまりでしたが、家族が増えたことを一番喜んでくれたのはBINTAだったかも。

私と母はいつも意見が合わず、口げんかばかりしていました。BINTAが亡くなった日も些細な事で言い合い、母が出かけてしまいました。

BINTAの最期は私がひとりの時でした。

父にメールでBINTAのことを知らせ、仕事を終えて、母が一緒に帰ってきました。

かなり激しい言い合いのケンカだったのに、BINTAが仲直りさせてくれたように思います。ワンコたちのことで私自身も気持ちに余裕がなく、キツイ言い方ばかりしていたのかも・・

ありがとう、BINTA。ホントにかけがえのない存在だった。

皆さんからコメントやメールを頂いて、BINTAの事を思ってくれた人が家族以外にもたくさんいてくれて、本当に感謝しています。

もう少しだけ、BINTAを語らせてください。

HPをたちあげる前に、ヤフーでブログを書いていました。

びんた、の話☆その1

この時の話では、アジリティのことはほとんど書いていません。もう引退して何年もたっていたので。

BINTAがアジリティを始めたのは、リハビリの延長から、3歳になる少し前だったと思います。

けりぱぱと走るのが大好きなBINTAでした。だけど、バー落下が多く、けりぱぱはBINTAの走りやすいラインを考えて走るのが一番の課題でした。楽しく一緒に走る喜びをいっぱい教えてくれたし、BINTAもよくアジを理解していました。それで充分だった。

当時のアジは、昇格制度がなく自分の申告制でした。6歳を過ぎたあたりから、コンタクト障害がきつくなってきました。DWの途中、踏ん張りがきかず、落ちてしまった。怪我にはなりませんでしたが、落ち方が気に掛かりました。

その後、シーソーでも同じように落ちてしまったので、引退する決心をしました。BINTA、気持ちはまだまだ現役だったけど、私達が判断しなければいけないのだ、と思って。それがOPDESのシニアクラスでした。

筋力の衰えはあったけれど、アジ以外では元気なまま毎日を過ごせました。なんたって、私とリハビリしたBINTAは基礎体力ばっちりだったんです。気持ちも若かったし。

BINTAにとったら、次々とやってきた妹や弟たちは、迷惑な出来事だったようでした。お散歩上手のBINTAはいつも新入りとのペアで歩くのが常でした。仲良く遊ぶ事はなかったけど、トイレでも何でも、ちょっと誇らしい顔でお手本を見せてくれていた。

今、末っ子のZUZUが来月で5歳になる。

長い年月、BINTAは頑張ってくれていたんだな~・・

もう呼んでもかえってきてはくれないけど、BINTAと会えた事、楽しかった事、悲しかった事、苦しかった事、ぜ~んぶ含めて、いい時間だった。

明日はやっぱり泣いちゃうかもしれないけど、しっかりと見送ってあげたい。

 Cimg8283

|

« びっくん、永眠。 | トップページ | 2008IFCS日本代表選考会・速報 »

コメント

ブログ、拝見しました。
やっぱcrying
でも、受けましたよhappy02、ZUZUカット♪
明日、4年の一度の29日は特別な日になりますね。

投稿: Teruko | 2008/02/28 19:05

しばらく、こちらにお邪魔していなかったら・・・びんちゃんが、お星さまになってたなんて・・・
埼玉ブロックで欠席されていたので、
「風邪をひいても出場するM家なのに・・・」と
不思議に思いつつ、福岡に帰宅。。。
そして、このことを知りました。。。。

HPを見るまで、何となく
「もしかして・・びんちゃんに何か!?」
「いやいや・・・そんなことは・・・」
なんて、最悪の事を考えないようにしていた自分がいた。。。

Mさんの悲しみはいかばかりかと思います。
でもラブで13歳まで元気に生き続けたびんちゃん。きっとMさんと過ごした13年はとても有意義で素晴らしいものだったことでしょう!!

いつの日か、にこやかに、びんたの思い出話ができるといいですね!

投稿: れおん | 2008/02/28 20:44

クマジ先生のHPで拝見し、びんたのことを知りました・・・
うちのJoshも13才、同じ年です、他人事ではなく、ひしひしと悲しみがわいて来ます。
私もびんたがアジを頑張っていた時のことを知っています。パパがびんた、ママがチョップで走っていた頃のこと、ちゃんと覚えていますよ!

確かに居なくなってしまう事は悲しく辛いことですが、肉体はいつかは滅びてしまうもの、、、
でも魂はいつも一緒です!
暖かいぬくもりは無くとも びんたは常にママやパパのまわりに居てくれるはず!

そうは言っても悲しいものは悲しいよね・・・

でも 他の元気な子達の為にも、早く元気にならないと!
頑張って!!!!!

投稿: Dion | 2008/02/28 21:35

★ Terukoさん

前のブログ読んでくださったんですね~
ありがとうございます。
昔のブログは、こんな事思ってたな~なんて
懐かしくなりますが、私も久しぶりに読み返し
忘れていた事などがよみがえって、可笑しかったり、恥ずかしかったり。。

明日のお天気、良さそうです。
今更だけど、たくさん食べさせてあげられなかったオヤツをいっぱい詰めて、BINTAを送ります。


★ れおんさん

前日、欠場のメールをしようと思っていましたが、BINTAの容態が急変し、送りそびれてしまいました。
この数日は長かったようで、短かった。

決して体が丈夫ではないBINTAだったので、
ここまで生きてくれた事は、奇跡だったかも。
若い頃から手術や、長年の薬の服用、私達の願いは最期くらい楽に眠ってもらう事でした。
その想いが通じたかのような最期だったんだよ。

アシュリーとの時間も大切にしてあげてくださいね。
BINTAの分まで。


★ Dionさん

励ましのお言葉を、ありがとうございます。

Joshちゃんも13歳、同じ歳だったんですね。
長生きしてほしいです。

他のワンコたちがいてくれて、散歩に行ったり、家事をしたりで気分も紛れ、引きこもらずにすんでいます。

たぶん、ワンコにとって死は、特別な事じゃないんですね。BINTAが居なくなった事を自然に受け止めているようです。

他のワンコたちが自然と元気付けてくれてますので、頑張れます。

投稿: ZUZUまま | 2008/02/28 23:27

昨日 永眠された記事を読んだのですが、コメントを残せませんでした。
上手く伝えることができないけど、心からBINTA君のご冥福をお祈りします。
今ごろニッコニコの笑顔で走っているんでしょうね。
『はじまりは、びんた』大好きなフレーズです。

投稿: こまこま | 2008/02/28 23:33

★ こまこまさん

どうもありがとう。

楽しそうに走るBINTAの姿は
しっかりと私達の心の中に残っています。

これからは、けりずずと一緒に走ってくれるのだと思います。

投稿: ZUZUまま | 2008/02/28 23:53

最後まで介助の苦労をかけず、静かに幸せに眠りについたびんた君、4頭のリーダーとして誇り高き名老犬だったと思います。
嫁さんに抱かれて眠るように息をひきとった我が家の先住犬(18歳でした。)のことを思い出し、胸が熱くなりました。
いつかは来るこの時、今を大切にロビサンとも向き合っていこうと今更ですが、決心しましたよ!びんた君、ありがとう。
ご冥福をお祈りします。
パパさん、ままさん、辛いでしょうが、早く元気になってくださいね!

投稿: ロビンぱぱ | 2008/02/29 14:41

★ ロビンぱぱさん

BINTAにお言葉を、ありがとうございます。

18歳で亡くなった先住犬がいらしたんですね。
一度体験しても、悲しみに変わりはないでしょうね。。

BINTA、送ってきました。
穏やかないい顔に、最期のお別れを告げ、、、
小さくなったBINTA。
我が家に戻り、今やっと安心していると思います。
哀しいけれど、家族で見送れたから・・

私も今いる家族を大切にしようと、改めて思いました。

投稿: ZUZUまま | 2008/02/29 21:34

ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: M&K | 2008/03/01 20:37

★ M&Kさん

ありがとうございます。
会場でまた、元気にお会いしたいです。

投稿: ZUZUまま | 2008/03/01 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びっくん、永眠。 | トップページ | 2008IFCS日本代表選考会・速報 »