« ~TO BINTA~と、AG大会 | トップページ | 復活! »

2008/02/04

波乱続き

この数日、最悪な事ばかり続きました。

CHOPの膀胱炎から始まり、全員お腹の調子を崩したりと色々な事があった。

もともと私は些細な事でも悩み考えてしまう小心者なので、精神的にかなりきつかった。

全員お腹の不調に関しては、けりとBINTAの症状が酷く CHOPとZUZUはゆるい程度でした。治るどころか悪化していったBINTAが一番心配だった。

その日休診日だった掛かりつけの獣医さんに連絡が取れず、心当たりの獣医さんを探し回った。3軒め(どこも開いてなくて)で症状を説明し、薬をもらって帰ってきたら BINTAのその日3回めの大量の水下痢。薬を出してくれた獣医さんで正確に便検査が出来なかったので、電話してもう一度検査をお願いしようとしましたが、何度掛けても出ない。。ウチから近くないので、行ってやってないのは困るから、すがる気持ちでまた別の獣医さん(4軒め)の扉を開けました。

みんながお腹をこわすのは、もしかしたら食材(肉)に問題あるのかと考えましたが、3軒めで相談した獣医さんは、この時点ではどちらとも言い難い、もし正式に検査などを依頼するなら症状を止めない方がいい(有利)と仰った。『いいえ、まず体を治す事を先決にしたいので、それはいいです。』と言いました。考えてみたら、もし食べた肉の品質に問題があるなら、吐き気もあっていいハズ。それがなかったので、その考えは一旦打ち消し。。。

4軒めでの獣医さんは、けりぱぱが小さい頃からやっていた地元の昔からの獣医さんでした。先生も年配の方です。今までの経緯と食生活をお話しました。初めの段階で『あなた世間で良いと言われるものばかり取り入れて、それに流されてるんじゃあないですか?』と言われた。私は相当お叱りを受けるのかと思いました。良いと思うものは取り入れ、このコには合わないと思えば良いと言われるものでも使わない、ワンコそれぞれの体質にあった食事を心がけてきたつもりだったし、世間で犬ゴハンが多様化してきた中、聞く耳も持てる柔軟さも必要だと思っていた。ただまだ模索中なので、確信があるのか?と聞かれたらまだ不安もいっぱいなのが、事実でした。

そのまま、その先生に自分の考えをぶつけてみたのです。体の基本はやはり食事だと思っているし、私は旬の食材をワンと一緒に味わっていきたい。そう思っても何が正しいのかを学んでいく場が少ないのも現状だと。。。

『・・・あなたの考えは大方、正しいようだね。』

その先生は、話をしていくうちにそう言ってくれるようになり、お腹を壊したワンコの食事(手作り)について分かりやすく説明をしてくれました。今まで私が下痢の時に行ってきた方法とは全く違うものでした。

下痢という症状に対しての治療方法が獣医さんによって全く違う。それは仕方の無いこと。人間の病院だってそれは同じで、各先生自身の考え方の違い、理念があるのは当然です。

症状が悪化したり、改善しなければ違う病院を探したかもしれないけれど、そうでなかった場合、あっちこっちの病院に変えたりするより、同じ先生に総合的に診てもらうのがいい、そう思います、今でも。だけど、獣医さんは犬だけでなく動物全てのあらゆる病気や怪我を治療する(大規模な病院は科が分かれているのでしょうが)のだから、得意・不得意な分野があってもおかしくないんですよね。不信感をもった先生に家族同然のワンたちは任せられなくなります。その判断は自分でしかないし。今までの獣医さんとも信頼関係を築きながら、治療を任せてきました。実際、今まで感謝している事も沢山ありますし、獣医さんとして尊敬できる方だと思っています。心のある診察を望みたいので、私自身も正直に獣医さんとはお付き合いしていきたい。

今回のことで、違う考えの先生のお話に触れて、その先生のお話をもっと聞きたいと正直思いました。じゃあ、今までの先生は止めるというのではなく、どちらの先生にも失礼にならないお付き合いをしていきたいと思いました。正しい正しくないではなく、合うか合わないかなのです。今までの掛かりつけの先生に事情を説明し、今回の治療を他の先生にお任せする旨も伝えました。決して説明上手ではないので、気を悪くしてしまったかもしれませんが。。

今回教えていただいた食事方法については、誤解を招きたくないので、ブログで書く事は控えます。したがって”INU GOHANブログ”も当分、お休みします。楽しみに見に来て下さった方、ごめんなさい。

話はウチのワンコに戻りますが、今はまだ何とも言えない状態で、経過をみている段階です。全員下痢の症状は治まりましたが、この段階での食事に特に気を使い、負担無く次に進むのがいいのですが、悪くなったらまた振り出しに戻る、今日はそれでも一番悪かったBINTAが少し動き回れるようになってきました。安心は出来ないけれど。。。

CHOPの膀胱炎の方は、1週間後の尿検査では良い方向に向かっていました。また1週間後の尿検査をする予定です。自宅での尿チェックもしながら。

まだまだ、この一年何が起こるのか心配だな~。強い心が欲しいです。

|

« ~TO BINTA~と、AG大会 | トップページ | 復活! »

コメント

大変なときにいろいろありがとう!
わがやのワンたちは、ドライ、ウエット、どちらのフードもお腹が調子悪くなるので、生肉をあげているけど牧羊犬チームは、消化酵素もあげているよ~。
医食同源と言う言葉のとおりサプリは、あげていません。トンコツ煮たり、アキレス焼いたり・・・これもまた楽し!
ずずママみたいには、出来ませんけどね!
みなさん、幸せだよねぇ。

投稿: なおちゃん | 2008/02/05 09:29

★ なおちゃん~

いえいえ~メール送ったのはけりぱぱですからぁ~
なおちゃんとこもいろいろ工夫してるよね~
ウチも消化酵素使っていた時期もありましたが、自力で消化する力が弱まってしまう気がして止めました。今回の処方には入ってましたが。。
たまに使うくらいがいいかな~と。
凝り性のなおちゃんちのワンコたちのが、
きっと幸せだよ~♪

投稿: ZUZUまま | 2008/02/05 11:33

大変でしたね。でも、みんな、お腹の具合が収まって、よかったですね。
『強い心』って、ワン達の健康と幸せを願う心だと思います。ZUZUままは、誰にも負けない強い心を持っていると思いますよ!僕なんか、ヘナヘナだ。。笑

お祝い、遅れてしまったのだけど、ビンタ氏、お誕生日おめでとう!高齢犬に近づいているけれど、けりずず家の愛情のせいで、そのお年にまったく見えないですよ!

愛するものの具合が悪いと、本当にやりきれないけれど、でも、世界の飼い主の中で、ビンタ氏始め諸君諸嬢の『最強の飼い主』はZUZUままですよ。判断も対人関係も何一つ間違えてないぞっ!保証します!
元気を出して、頑張れ~!!

投稿: ロビンぱぱ | 2008/02/05 16:15

★ ロビンぱぱさん~

励ましのメッセージ、ありがとうございます!
とても嬉しいです(*^_^*)

悪い事が重なりすぎて、もうブログも止めようかと思ったんですが~。
なんとか頑張れそうですよ!
BINTAの下痢、酷い時は無意識にお漏らしして犬用オムツを着けましたが、尿漏れ防止なのであまり意味が無く。。。

これからもっと年老いていくと益々起こり得るんでしょうけどね~~~
初めての老犬なので戸惑う事もあると思いますが、みんな年老いていくのだし くよくよしてたらいけませんね~

強い心と、強い体に勝るものは無いですね!

あ、先日はメールありがとうございました♪
埼玉ブロック、よろしくお願いします!!

投稿: ZUZUまま | 2008/02/05 21:23

いろいろ大変でしたね。でも、少し落ち着いてきたようで良かったです。

食事に対する考え方も、獣医さんによって様々ですもんね。手作り食推進派の獣医さんもいれば、反対する獣医さんもいるし、膀胱炎&結石についても、最初は療法食、そしてだんだん減らしていって普通のフードに、という考えの獣医さんもいれば、「一生療法食を」と言う方もいますよね。

でも、じっくり話を聞いてくれる獣医さんで良かったですね。あまり思い詰めすぎるとワンコたちにも良くないですからね〜!

投稿: らひ | 2008/02/06 00:16

★ らひさん~

今回のことでは、考えることがとても多く
自分が何を望み、どういう体が望ましいのか、
など改めて気付かせて頂きました。

やはり食生活と様々な病気(原因)は切り離せないけれど、自分の出きる範囲と我が家の財政に見合うワンコの食事っていうのが見えてきました。私が思っていた、理想の裏付けをしてくれている感じです。根本を教えて下さって
とてもいい経験をする事ができました。

その先生は、療法食を進める場合もあるけれど、加工食であるドライフードのみよりも
様々な物を取り入れ、手作りにした食事には叶わないと、仰っていました。

そういえば、霜ちゃんも結石になって食事制限を受けたという事でしたよね~?
人間だって何が原因で結石が出来るか分かっていないのだから、一概に言い切れないのが現状では?というお話もされていました。
悪化した時、何で療法食以外の物をあげるんですか!と責められるのが飼い主としては一番ツライところなんですよね~~

もっとこんな時はこうすればいいとか、この子にはこうしてみるとか、状況にあった対処を
学びたいと思います。命の源を預かっているんだな~と、当然の事ながら深く感じました。

これを機に状況を判断する力と、ちょっとした事でも感じられる観察力が身に付けられるといいな~と思っています。

少し先生のお話を書いてしまいましたが、もしもらひさんが興味があるなら、メールでこの先生のお話をお伝えしますよ!

投稿: ZUZUまま | 2008/02/06 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ~TO BINTA~と、AG大会 | トップページ | 復活! »