« 休暇 | トップページ | 今年は。。。 »

2006/08/16

多頭飼い

最近、もの凄い剣幕で吠えまくっている犬の声が

聞こえたので、窓から見ると、近所の方がダックスを

3頭連れて歩いていました。何事? っていうくらいの

騒ぎだったのですが、どうも普通のサンポだった

らしい。。。ウチがサンポしてる時も時々会いますが

見るもの全てに火がついたように吠えまくり、今どこを

歩いてるのか、分かるほどです。 もともと、2頭

(ダックスとシェルティ)がいたオウチで、プラス2頭の

ダックスが増えたみたいでした。 会うと挨拶する程度

のお付き合いなので、どういうイキサツで増えたのか

は、分かりませんが、その吠えるダックス君を見て思う

のは、「犬自身がかなりストレス感じてるだろうな。」

って、気がします。威嚇だったり、警戒だったりという

感じの吠え声で、気持ちが不安定で外にいる間中、

穏やかで、リラックスしてサンポを楽しんでいる感じが

全くないので可哀そうに思えるし、飼い主さんは諦め

てる様な、呆れてるような態度で、改善しようという

様子がありません。あの状態だと、恐らくあのコは

ひどくなる一方でしょう。 ZUZUも、警戒心が強く

吠えたりする事がありましたが、そういう場面に

なりそうになる前に、コチラに気持ちが向く言葉を

かけたり、安心できる様に早めに対処し続け、大分

変ってきました。まだ、突然(特に夜など)だと吠え

てしまう事もありますが、普通の日中のサンポなど

では、知らないワンちゃんとすれ違っても平常心で

いれるようになってきました。私が思う(望む)のは

精神的に強くなって欲しいです。 ガマンさせると

いう事自体がストレスだと思うので、環境の変化に

慣れ、左右されない図太い気持ちでいてくれると、

犬自身が楽だろうな、と思います。 もともと、気に

しないコもいますが、吠えてしまうタイプのコには、

穏やかでいられる、たくましい精神力を育てる事と

経験を重ねていく事がいいのでは、と考えています。

それから、これもウチの考えですが、先にいる犬が

安定して私たちとの関係が出来上がるまでは、次の

コは、迎えません。一頭との関係が出来上がる前に

次のコを迎えるという事になると、ドチラの犬も犠牲

になる事があったり、負担をかけてしまうので。

犬同士の関係もうまくいかない気がします。個体差が

ありますので、それが何歳でというのは言えませんが

ウチの場合は、BINTAが2歳の時、CHOPが3ヶ月

で来て、CHOPが5歳の時、KELLYが1歳、KELLY

が3歳の時、ZUZUが1ヵ月半、という感じでした。

この時間差は、私たちがアジを続けるタイミングも

大きかったけど、犬同士の関係もトラブルなく過ごせ

ているので、良かったのではと思っています。

・・・近所のダックス君、穏やかにサンポを楽しめる

ようになると、いいんですけど・・・。

Cimg0158  ゴハン待ちの時間。。

 Cimg0163 Cimg0161_1

|

« 休暇 | トップページ | 今年は。。。 »

コメント

次の子を迎えるタイミングって、本当に大事ですよね。我が家は、ラフィーが落ち着かないうちに次々と2頭が押しかけてきて居着いてしまったので、ラフィーには負担をかけてしまったなぁと思います。ヤキモチと独占欲がひどいのも、そのせいかなと…。

けりずず家の四頭は、犬同士の関係もしっかりできていますよね。結局その方が、ストレスも少ないし、犬たちにとっても幸せだと思います。

投稿: らひ | 2006/08/20 00:38

らひさ~ん!!

ラフィーちゃんが先住犬だったんですね~
BINTAも、CHOPが来た時は
認めたくなくって、混乱していたと思います。
ある程度は人が犬同士の関係を、お膳立てしましたが
あとは、どちらが優位に立つかは犬に任せました。
やっぱり、♂より♀って優位になりやすい。。
と思いましたが・・・。
BINTAは、その後KELLYやZUZUが
やってきても、動じず 距離を保ちながら
過ごしてます。 BINTAにしてみれば、唯一
自分だけが ぱぱも ままも独占できた2年間は
一生の中で一番楽しかった日々かもしれません。。
そして、KELLYの存在が今の我が家の犬社会では
重要な潤滑油になっています。
個性がそれぞれ違うと、仲良くまではいかなくても
一緒にいてお互いを気にすることなく、穏やかな
状態でいてくれるだけでいい。それだけを、望む
ようになりました。実際、それぞれ言い分は
あるんでしょうけど・・・ね!(笑)

投稿: ZUZUまま | 2006/08/20 14:44

そうなんです、ラフィーがやってきて半年後に小春がおしかけてきて、それから一年たたないうちに霜ちゃんがおしかけてきたんですよ。

普段の生活では、ラフィーは小春の好きなようにさせてますが、いざというときは締めているので、やっぱりラフィーがボスのようです。でも、先生曰く、ラフィーはボスになりたいタイプではないので、負担が大きいらしいです。ラフィーと霜とは、未だにダメなんですよ。お互いに成犬になってから一緒に暮らし始めたので、難しいのかもしれませんが…。

我が家も、紅一点の小春さんが潤滑油の役割をしてくれてます。本当に、仲良くしろとは言わないけれど、同じ空間に、穏やかにいられるようになってくれるといいんですけどね…。

投稿: らひ | 2006/08/20 20:25

へぇ~、そうだったんですか。
でも、ラフィちゃんは頑張ってくれてるんですね。

BINTAは、やり方さえも分からなくて
見ていて、イラっとする位、情けないなと
思う事もありますが、それでも険悪な事態に
ならなければ、良しとしよう・・って考える
ようになりましたよ。

ウチの♂同士(びんた・ずず)は、8歳
はなれてるので、お互いの存在は無関心みたいです。

ラフィちゃんは、頑張ってる分、ママには
甘えたいのかもね~ (*^_^*)

投稿: ZUZUまま | 2006/08/20 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休暇 | トップページ | 今年は。。。 »