« びびり病 | トップページ | その1を移動しました。 »

2006/04/20

オビディエンスのチカラ その2

ZUZUと私は、まだまだ成長途中ですが

オビは原点だなと一層強く感じています。

最近AGの競技会で、出走前にするのは

軽いオビです。ZUZUの集中力を上げると

同時に、私自身にも程よい緊張感が保てる

様になりました。AGに関しては普段練習

しているワケだから、直前に何かをするという

必要は無くて、オビをする事によって気持ちの

調整ができれば、練習と同じくらいの実力は

だせるはず、と思えてきました。

犬との信頼関係については、今まで色々と

考え、ブログにも書いてきましたが、例えば

自分の事であてはめると、棚ぼたの様な

形でよい出来事が起これば、ラッキーと

思い、嬉しいです。だけど、努力して頑張った

結果が上手く実れば、それは比べ物にならない

喜びや嬉しさがあると思います。

嬉しさの質とでも言うのかな。

犬もボールやオモチャで遊んだり、オヤツを

貰えたりすれば、嬉しいと感じると思います。

でも、人に何か指示された事を理解して応え

ソレに対して人が褒めてくれたり、喜んでいる

表情を見た時に、嬉しいと感じる心を育てて

いけると、人の態度を見て正しい事なのか、

求められている事は何なのかを判断して

もっと応えようとするのではないかと思います。

今まで、ウチの犬達と接してきてBINTAは

何にでも喜んで、嬉しそうに見えて褒められる

意味が本当に分かっているのか、CHOPは

褒められる喜びを感じてくれないのでは、、、

と思った事もありました。(今は心で

感じてくれていると思っていますが。。。)

嬉しいと感じる心は、最初からあるもの

ではなく犬との関係から生まれるもので

一方的に犬に求めるものではないと

思います。だから、オヤツやオモチャに

頼りすぎると、嬉しいと感じる心を

犬は別の方に向いてしまうのだと

思います。そして、嬉しいと感じる心を

上手く育てていけると、義務感も出来て

いくのではないかとも思います。

強制的に形だけのオビを犬に、覚え

させるのではなく、活き活きと行動を共に

してくれるのは、こういう気持ちを育てて

いく事じゃないかと思います。

そんな事を考えながら、ZUZUとこれから

頑張っていきたいと思っています。

Opdes_in_akigase_2006o416_189

   Photo  by  chibispa san.

|

« びびり病 | トップページ | その1を移動しました。 »

コメント

こんにちは~♪

オビの力…凄く感動しちゃいました。
クマジ組の方々にも読んでもらいたいですねぇ…

未だにアジはスワレと待てさえ出来れば良いと
考えている人もいますから。
あっ、家の組の人達じゃ無いですよ!一般的にね(笑)
今日から江戸川の本部オビに行ってきまーす(^O^)

投稿: クマジ母 | 2006/04/21 05:54

クマジ母さん、ありがとうございます!!
たま~に、日頃なんとなく考えたり
主人と話したりする事を、こういう形で
残したくなるんです。
だから、意味が通じるかどうか
ちょっと不安になったりします。

読んでくれる人も、ちょっと違うかなとか
当たり前じゃんと、感じる人
さまざまだと思いますが、、、。

言葉にすると簡単ですが、気持ちや
心を育てるって、とっても難しいです。
ZUZUの心、なかなか成長してくれなくて。。
オビをやって、意欲や集中力が見られるので
順調に目標に向っているのだとは
思っているんですけど。。。

本部競技会、変な天気ですが
あまりくずれないと、いいですね~
お気をつけて~♪

投稿: ZUZUまま | 2006/04/21 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びびり病 | トップページ | その1を移動しました。 »